2008年02月29日

第2回世界探検旅行 上海2

wt-2006.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
北京、天津のあと漢口に行く。大正4年4月26日には、在漢口中支派遣隊営門前で、司令官白川中佐(後に陸軍大将)らと一緒に写っている写真がアルバムにある。そして上海。写真のように腸チフスを発症、入院。退院後帰国。別府温泉で療養。もし病気にならなければパプア・ニュー・ギニアへ行くつもりだった。本人が一番残念だったろうが、100年近く前のパプア・ニュー・ギニアの写真も見たかった。非常に残念だ。


posted by wakabayashi at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年02月27日

第2回世界探検旅行 天津2

alb05-23.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
 天津の日本租界にあった大和公園と奥の洋館は、日本人民團事務所と公会堂。日本人民團事務所とは何をしていた事務所かは不明。当時大和公園内には天津神社があり、ほかに租界内には、領事館、淡路小学校、武徳殿などが建てられた。今はほとんどの建物が残っていない。
しかし多いときでは日本を含め9カ国が天津に租界を持っていた。まだまだ当時の建築物は天津の街に残っている。特にイギリス・ドイツの租界のあった辺りに多く残っている。
posted by wakabayashi at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年02月23日

第2回世界探検旅行 北京

alb05-10.jpg11pc2-2.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
 絵葉書に「北京城外驢馬曳く支那少年背上に跨る 菅野力夫」とある。驢馬と駱駝の違いはあるものの、同じ城壁に見えるため、アルバムの写真の場所も「駱駝の背上北支那旅行」とあるが、北京の紫禁城の城壁と思われる。第2回世界探検旅行の写真で、北京の写真はこのアルバムの駱駝の写真と絵葉書の驢馬の写真しか残っていない。北京にはあまり滞在しなかったのだろうか?
posted by wakabayashi at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年02月21日

第2回世界探検旅行 天津

alb05-07.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
青島周辺を訪ね歩いた後、北京、天津を訪れている。天津で当時あったヴィクトリア公園でインド人巡査とツーショット。菅野力夫は第1回世界探検旅行の時から、どこの国でも地元の人たちと一緒に写真を撮っている。さらに、軍人、警官などとも一緒に撮っている写真が多々ある。度胸がいいというか、物怖じしない人というか、感心してしまう。
 大正3年(1914)当時、天津に租界を持っていた国は、日本、英国、フランス、ドイツ、ロシア、ベルギー、イタリア、オーストリアなどで、中国の中で租界が一番多かった都市だ。ヴィクトリア公園は現在中山公園となっている。
posted by wakabayashi at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年02月18日

第2回世界探検旅行 青島

alb04-56.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
 沙河口工場から大連に戻り、3月16日まで大連での写真がアルバムにある。そして3日後には青島のここ独逸軍記念碑での写真となる。自転車で陸路を行ったのではなく、黄海を大連から船で渡ったのだろう。あるいは鉄道を使ったのか?
 このドイツ語の記念碑のあった神尾山は、ドイツ占領時代はアルバムにはシグナルベルグ山、他の文献には「デイデル山」あるいは「ディーデリッヒ山」、どちらも初代ドイツ膠州湾総督ディーデリッヒに因んで名づけられたそうだ。そして日本占領時代になって神尾司令官に因み神尾山と名づけられ、ここには旧ドイツ膠州湾総督官邸と無線電信信号所があり、そのまま青島守備軍司令長官邸となった。現在もその建物は残っていて、青島迎賓館となっている。そして神尾山は信号山という名称となり、観光名所となっている。
posted by wakabayashi at 22:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年02月16日

第2回世界探検旅行 沙河口

wt-2004.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
 昭和17年に新京に移転するまで、大連には満鉄本社があり、大連市外の沙河口に満鉄の工場があった。工場面積60万坪。東京ドームの1500倍以上に広さがあり、昭和12年で日本人約2400人、満州人2300人が働き、専用水道、発電所があり、満鉄のみならず旧満州諸国の汽車製造、修理を行っていた。昭和になって登場した特急あじあもこの工場で作られた。
posted by wakabayashi at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年02月15日

第2回世界探検旅行 大連

wt-2003.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
撫順から2月24日には遼陽へ。そして3月にはいって大連へ。南満州鉄道が経営していた大和ホテルの前の菅野力夫。いままで、シベリア、フラルキ、撫順では写っていなかった日比谷公園を出発した時の自転車が、大連に来てようやく登場。秋から冬にかけてのシベリアでは自転車は無理だという判断で、舞鶴港を出るとき自転車は最初から大連に送っていたのだろう。多分今までは鉄道で移動。もしかしたら厳冬のシベリアは鉄道がはしっていなかったら、ソリで町から町へ移動したのだろうか?ともあれ大連からは自転車旅行になったようだ。
大連大和ホテルは今は大連賓館として残っている。1914年に開業。この写真は開業間もない大和ホテルの写真だ。
posted by wakabayashi at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年02月13日

第2回世界探検旅行 撫順

alb04-38.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
大正14年の正月は、富拉爾吉(富拉爾基=フラルキ)で迎えたようだ。そして哈爾濱(ハルピン)を経由し2月に撫順へ。撫順は以前から炭鉱の町で、露天掘りが有名だった。この写真は大山坑。露天掘りだけでなく大山坑、龍鳳坑など竪坑もあった。撫順は、当時の南満州鉄道奉天から撫順までの支線ができていた。
 撫順炭鉱は,日露戦争後、鉄道及びその付属地は日本の手に渡ってから満鉄の管理下で発展していった。露天掘りによる大規模な石炭採掘が行われ満鉄の重要な財源となった。撫順市の人口は、1940年で25万(内、日本人約4万人)を超えた。また撫順の石炭と鞍山の鉄鉱石で、当時中国最大の鞍山製鉄所(昭和製鋼所)が稼動した。
posted by wakabayashi at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年02月07日

第2回世界探検旅行 西比利亜2

wt-2001.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
11月16日チタの教会の前で撮った写真の次は、11月20日ザバイカル州スツレチエンスク市、そひてザバイカル州ウエルフネウジンスク市をとおり、11月26日バイカル湖近くのイルクウッスクー市(イルクーツク)へやってきた。写真からわかるように11月でも雪に閉ざされたシベリアを訪ねた目的は何だろう?また日本で使っていた自転車はどうなったのだろう?
posted by wakabayashi at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年02月06日

第2回世界探検旅行 西比利亜

alb04-15.jpg菅野力夫の第2回世界探検旅行
大正3年(1914)8月1日、日比谷公園を宮田自転車で出発。東海道を自転車で行き神戸へ、そして福井県舞鶴港から大阪商船鳳山丸に乗り出航、東京を出て約2ヶ月、9月27日浦潮斯徳に上陸。10月20日ブラゴウエシチェンス市、10月30日アムルスケ州アレクセウスク市11月初旬アムール州アレキセーウスク市、そしてこの写真のチタ市へやってきた。地名はすべてアルバムに記されていたまま。浦潮斯徳はウラジオストク、ブラゴウエシチェンス市はブラゴヴェシチェンスク市でアムール州の州都。アムルスケ州アレクセウスク市とアムール州アレクセーウスク市は同じだと思うが、現在名は不明。
菅野はウラジオストクから中国との国境沿いをシベリアの内陸に向って進んでいった。シベリアは、この後混乱の時期を迎える。1917年ロシア革命、1918年日本のシベリア出兵となるが、1914年頃はまだ落ち着いていたのだろうか?この時期だから菅野はシベリアに向ったのか?しかし、冬に向っていくシベリアに行くことに意味があったのだろうか?この年のこの時期にいかなければならない理由があったのだろうか?ともあれこの写真の教会は今もチタにあるのだろうか?
posted by wakabayashi at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月31日

第3回世界探検旅行 爪哇9

alb11-58.jpgalb115702.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
ソロの王宮を訪ねた菅野力夫は、ジョクジャカルタへ向った。ここには富士洋行という日本の店があり、アルバムには「富士洋行主人・澤部磨磋男氏(山形人)夫妻。1ケ月の小売雑貨現金売上高、拾萬円を突破するといふ。ジョクジャ市富士洋行」当時の10万円といったら相当な金額だったのだろう。富士洋行の店の写真を我々が見ると、たいした店ではなさそうに見える。店の看板に書いてある字の意味もよく読み取れないが、アルバムの説明書きからすると日本の雑貨をあつかっていたのだろうか?今だとスーパーのような店だったのだろうか?そして富士洋行の澤部氏の案内で、ジョクジャカルタの貴族と会っている。この後ボロブドールなどを訪ね菅野力夫の第3回世界探検旅行ジャワ編のアルバムは終っている。
posted by wakabayashi at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月30日

第3回世界探検旅行 爪哇8

alb11-54.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
ソロー王城を根本夫妻の案内で訪れる。ゾウを飼っているとは流石王様だ。大演舞場は、ソロとジョクジャカルタは、宮廷文化がさかえジャワ島の伝統文化(ガムラン、ワヤン・クリッ、ジャワ舞踊)の中心地であり、その城内に大演舞場があるというのもうなずける。
菅野を案内してくれた根本栄次氏とは、福島県出身でソロー州スコアリジョにランカップ農園を経営していた人物。この農園は、ソロの王家の領地を50年租借しており、その広さは3000バウ(二千町歩)、住民が千戸四千五百人が生活していた。とアルバムに説明書きがあった。
当時のジャワ島は、オランダが占領統治していたが、元からあったジョクジャ王国とソロ王国は自治領として存続していた。その王家の土地を50年間租借ということができたのは、根本栄次氏という人はよっぽどソロで力をもっていた人なのだろう。
菅野力夫は、マレーシアのヌグリスンビラン州でも王城で王妃と会っている。日本人でこの時代、2つの王家を訪れた日本人はそうそういないだろう。
posted by wakabayashi at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月27日

第3回世界探検旅行 爪哇7

alb11-48.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
ジャワのアルバムは、スラバヤの次にスマランとなる。現在のスマラン(Semarang)は、中部ジャワ州の州都である。インドネシアの五大都市の一つで、他はジャカルタ、スラバヤ、メダン、バンドン。セマランとも表記される。スマランの町の風景のページが3ページ。アップしたのは、そのうちの1ページ。港、上中はステーション・ホテル、上右は日本人会事務所。中の中と下は同じ建物。下左は何かを包んでいるか結わえてあるものを売り歩いているのか、運んでいるところか?スマランの他のページには、台湾銀行スマラン支店の外観、三井物産スマラン支店山下支店長家族、支店社屋、社員などの写真もあり、菅野は三井物産のスマラン支店に世話になったようだ。菅野は第1回世界探検のさい、ボンベイで三井物産の支店で撮った写真がある。三井物産との関係は、頭山満から紹介されたものだろうか?菅野の人脈の謎は深まるばかりだ。
posted by wakabayashi at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月26日

第3回世界探検旅行 爪哇6

alb11-38.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
インドネシア第2の都市となっているスラバヤには、当時日本領事館があった。山下汽船、日本人幼稚園、堀野ホテル、爪哇日報、日本人会など、大正14年のスラバヤには、日本人が多くいたと思われる写真がアルバムにある。菅野は、スラバヤ日本人紳士野外騎馬旅行に誘われている。この時参加したのは20人ほど。その後この写真、爪哇における唯一の日本料理店松本楼での歓迎の宴となったようだ。
実は菅野写真には宴会の写真が多い。国内、そしてこのように海外での宴会の写真が数多くあり、菅野写真のジャンルの1項目となるほど数が多い。大正〜昭和初期の宴会の様子を今に伝える貴重な資料ではないだろうか。
posted by wakabayashi at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月20日

第3回世界探検旅行、爪哇5

alb11-27.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
大谷農場、別荘の次のページなので、大谷農場なのだろうか?次のページには、大谷農場のページの右下の写真とほぼ同じ写真、屋根のある橋の写真があるので、間のこのページは大谷農場と考えていいと思われる。であれば標高五千尺・約1900mの地で田植、稲刈同時にできるのだろうか?どちらにしろジャワ島では、田植と稲刈が同時に行える気候の土地があり、東北、郡山出身の菅野力夫が楽園と思ったことは実感がこもった感想なのだろう。
posted by wakabayashi at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月19日

第3回世界探検旅行、爪哇4

alb11-26.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
河口慧海のチベット潜入と大谷探検隊の中央アジア探検が明治の2大探検だと思う。その大谷光瑞のジャワの別荘。パパンタヤン火山の中腹にありチクライ山が眺められる地にあった。バンドンの町の周辺に2000m級の山々があり、その中にパパンダヤン山 (GUNUNG PAPANDAYAN):2622m、チクライ山 (GUNUNG CIKURAI):2821mがある。大谷家別荘に関しては詳細は不明。
posted by wakabayashi at 11:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月16日

第3回世界探検旅行、爪哇3

alb11-12.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
「バタビヤ市描見」爪哇のアルバムのバタビヤのページには、このように80年以上前のジャカルタの人々の風俗がわかる写真もある。前のページにはこのページの上の段真中の洗濯風景の写真が5点もあり、キャプションが「ジャワ婦人洗濯の壮観」となっている。上段右の建物は、オランダ時代の郵便局 フィラテリ ジャカルタ Filateli_jakarta_depan、大正2年(1913)に建てられたもの。
posted by wakabayashi at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月12日

第3回世界探検旅行、爪哇2

alb11-07.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
バタビア緑蔭会7夫人たちと菅野力夫。そしてバタビアに進出していた日本人商店。南洋商会、TOKO JAPAN、右上の写真の右側にはダルマ&COと書いてあり、右下はマツバホテル。このアルバムの前のページは、三井物産バタビア支店長中村一郎氏、台湾銀行バタビア支店長半田治三郎氏の歓迎宴のページがある。商社、銀行などの大企業、南洋商会、マツバホテルなど日本企業、商店など、多くの日本人がバタビア(ジャカルタ)に進出していて、このことは他の国々にもいえることだろう。この後も菅野はジャワ各地で、多くの在ジャワ日本人と交流している。世界1周の探検旅行も終わりに近づき、第1回、第2回の探検旅行、南米の時のようなハードな探検、冒険旅行は、ここジャワでは行っておらず、在ジャワ日本人の視察、温泉、ジャワ貴族面会、名所観光など、ソフトな探検旅行を行っている。
posted by wakabayashi at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月06日

第3回世界探検旅行、爪哇1

alb110301.jpgalb110304.jpgalb110303.jpg
菅野力夫の第3回世界探検旅行
大正14年4月2日、馬来、新嘉坡から大阪商船のでりい丸にて、爪哇のバタビヤ港に上陸。2ヶ月間で、バタビヤ、バイテンゾールグ、バンドン、ガロー、チカジャン、タシクマラヤ、スカハジ、スラバヤ、スマラン、ソロ州スコアリジョ、ランカップ、ソロー、ジョクジャの街を遍歴している。
バタヴィア (Batavia) はインドネシアの首都ジャカルタのオランダ植民地時代の名称、太平洋戦争で日本が占領してからジャカルタとなる。爪哇のアルバムの最初には、在バタビア日本帝国総領事館と井田総領事とバタビア日本会事務所の写真がある。
posted by wakabayashi at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年01月04日

第3回世界探検旅行、馬来9

alb106905.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
旅人の木と菅野力夫。旅人の木はマダガスカル原産の熱帯地方でよく栽植されている。バショウ科タビビトノキ属で別名扇芭蕉。葉と茎の間の葉柄に穴をあけると水が流れ出し旅人が喉を潤せるということや、日照を好む植物で葉が南方向を向くように葉が東西に開らくこから旅人の木といわれる。第1回世界探検旅行のシンガポールの写真にも旅人の木が写っている。よっぽど印象深い木だったのだろう。確かにシンガポールあたりで半円を開いている大きな旅人の木を見たとき、おもしろいヤシの木と思ったものだ。
posted by wakabayashi at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。