2008年05月17日

第4回世界探検旅行6 古北口

第4回古北口.jpg古北口1+3.jpg菅野力夫の第4回世界探検旅行
12月に万里長城、山海關を越え、北京を訪れたあと、今度は古北口で万里長城を越えて熱河承徳、赤峰、朝陽、錦州と訪れている。古北口は、北京と熱河承徳を分けている万里長城で、現在はあまり観光地化されていないようだ。
 古北口は、北京から北に120キロ。古来より北京への北からの唯一の入口、北京の北に連なる燕山山脈がここで途切れ、東の蟠竜山との間に平坦な道ができている。そのため2500年まえから軍事施設が設けられてきた。現在の古北口長城は、明代のもの。全長20kmの区間内に143の望楼がある。望楼の規模は大きいものは100人の兵士が駐屯でき、小さいものでも10人くらいが駐屯できるようになっていた。


posted by wakabayashi at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。