2008年05月07日

第4回世界探検旅行1 満州里

wt-4006.jpg菅野力夫の第4回世界探検旅行
大正14年、あしかけ3年にわたり世界1周した第3回世界探検旅行から帰国。その後日本各地で講演旅行をしていた菅野は、昭和8年第4回世界探検旅行へ出発。当時の満州、蒙古、支那の62ヶ所を昭和8年9月から昭和9年5月まで8ヶ月の探検旅行だった。
 昭和6年に満州事変、昭和7年満州建国、そしてこの年、昭和8年(1933)は、日本が国際連盟を脱退。昭和9年皇帝溥儀が即位。第4回世界探検の地に選んだ満州、蒙古、支那は、こういた情勢の中、日本人の海外発展のための地として、今までマレー、ジャワからインド、シベリア、南米と視てきて、第2回大正3年から4年にかけて訪れた、満州、蒙古、支那の地を再訪。何を感じ何を思ったか、残念ながら手記がないので、残された写真から推測するしかない。


posted by wakabayashi at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。