2008年04月05日

第3回世界探検旅行 ベトナム2

vtn029.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
 現ホーチミン人民委員会庁舎。聖マリア教会とならび、フランスの植民地時代を代表する建物。1901〜1908年にかけて建てられた。フランス領時代のコーチシナ政庁庁舎として建てられ、南ベトナム時代は、国会議事堂として使われていた。
 現在、観光スポットとなっていて、建物の前にはホー・チ・ミンの像があるが、大正14年1925年の時には建てられていない。


posted by wakabayashi at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。