2008年01月04日

第3回世界探検旅行、馬来9

alb106905.jpg菅野力夫の第3回世界探検旅行
旅人の木と菅野力夫。旅人の木はマダガスカル原産の熱帯地方でよく栽植されている。バショウ科タビビトノキ属で別名扇芭蕉。葉と茎の間の葉柄に穴をあけると水が流れ出し旅人が喉を潤せるということや、日照を好む植物で葉が南方向を向くように葉が東西に開らくこから旅人の木といわれる。第1回世界探検旅行のシンガポールの写真にも旅人の木が写っている。よっぽど印象深い木だったのだろう。確かにシンガポールあたりで半円を開いている大きな旅人の木を見たとき、おもしろいヤシの木と思ったものだ。
posted by wakabayashi at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

banner2.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。