2008年11月23日

第7回世界探検旅行4 北ミンダナオ

alb19-33.jpgalb19-35.jpg菅野力夫の第7回世界探検旅行
ダバオ在住の日本人7名と菅野は、車2台で北ミンダナオの富源視察旅行に出る。コタバト州、ラナオ州、東ミサミス州、ブキドノン州、7日間、1300キロの行程だった。コタバト州コタバトには日本人55名在留、ラナオ州ダンサランには唯一の日本人・松井愛助夫妻が28年間生活していた。ブキドノン州マライバライには在留日本人は雑貨商1軒のみ。群猿飛ぶ森林地帯を通り、モロ族の酋長を訪ね、豪雨の悪路を水牛に索すなど徹夜泥雨と戦う難行苦行の旅だった。


posted by wakabayashi at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。