2008年09月23日

昭和12年台湾南支那旅行6 東海岸

alb18-48.jpg菅野力夫昭和12年台湾南支那旅行
台湾は南北に細長い島でその真ん中より右側、つまり東よりに大山脈が通っていて、平野部は西海岸側に多く、東海岸は平野が狭く山が迫っている。台北から台東までの当時の菅野の記述。
「台北発蘇澳及花蓮港を経て台東へ向ふ。蘇澳、花蓮港間三十一里の臨海道路は国幣五百萬圓と十五ケ年の歳月を費して完成せる東洋第一の自動車専用道路にして、太平洋の波浪は千数百尺の脚下に見え壮快を極む」


posted by wakabayashi at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。