2008年08月20日

昭和11年朝鮮旅行3 赴戦高原

alb17b-10.jpgalb17b-13.jpg菅野力夫昭和11年朝鮮旅行
7月25日 長津湖畔発、白樺の森林標高1523m袂物嶺を越え赴戦湖着
  人口湖水赴戦湖(第一貯水道)周囲16里、湖面海抜1028尺
  第一堰堤 長さ1200尺、高さ260尺、巾さ上15尺、下181尺
       セメント使用220萬袋、工費1000萬円
  赴戦湖と第一発電所四條鐵管との間7里の地下水道トンネル
工費二千萬円、
  登山用インクライン延長七粁一分
  人口に依り自然界を征服して世界第一、百萬キロワット電力を
目指して躍進するホワイト、コールの原産地を視察し
海抜五千百七十尺の白巌山を踏み
  松興里朝鮮窒素肥料会社発電所を訪ふ


posted by wakabayashi at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。