2008年07月04日

第5回世界探検旅行3 黒河

昭和10年旅行と講演・満州1.jpg15-05▲.jpg菅野力夫の第5回世界探検旅行
哈爾賓を9月11日に出航した上海号は松花江、黒竜江と遡り、9月20日に北満州のロシアのアムール州と国境をはさんだ黒河に着いた。講演記録に残されたように明治39年頃から日本人が3戸、3家族だろうか、いたようだ。昭和に入って満州事変直前昭和5年ころだろうか、日本人6名しかいなかったのが、5年後には日本人が1000人弱すむようになっていたようだ。そのほか満州人が1000人超。2000人の人が住む町になっていた。黒河日本人小学校もあり菅野は講演を行っている。記録には昭和10年4月5日開校。児童9名、目下26名とある。黒河からは列車でチチハルに向った。



posted by wakabayashi at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。