2008年06月09日

大正4年国内旅行3 高知

alb6-08.jpg菅野力夫の大正4年国内旅行
菅野の講演の様子を伝えるアルバムの写真と、土陽新聞、大正四年九月二日の記事抜粋。
「大成功の講演会  流石の菅野氏も大満悦」
細工町芳栄座に於いて探検講演会を開催せしに咄嗟の催しにも拘わらず来会者八百余名。階上階下人を以て充満され立錐の余地もなき盛況を呈したり。定刻に到るや菅野力夫氏はかつて長途の旅行に用ひたるカーキ色の軍服姿にて漆黒の美髯を撫しつつ悠揚登壇し自己が世界探検を企てし理由及び第一回第二回の歴程に就き其の梗概を述べたる上得意の雄弁鼓し、如何にも冒険家に適合はしき其樸茂なる風姿と率直なる述懐とは話題の変化多様なると相待て痛く来会者の心耳を鼓動し非常なる喝采を博したり。而して氏の講演は前後三回に亘りしが此の間又得月楼芸妓春子の琵琶歌、南海軒湖水の浪花節ありて興を助け午後十二時無事散会を告げたり。斯くの如く盛会なりしは未だかって見ざる所なる由にて泰山前に崩るるもびくともせぬ菅野氏も「流石は土佐人なり」と大満悦。


posted by wakabayashi at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。