2008年11月30日

第7回世界探検旅行5 ダバオ2

alb19-12.jpgalb19-15.jpg菅野力夫の第7回世界探検旅行
9月15日にダバオに到着し10月27日ダバオを出航。約1ヶ月半の滞在。この間、1週間の北ミンダナオ視察、ダバオ周辺の日本人の街を諸所訪ね大歓迎を受け、講演も21回行っている。
昭和12年当時、ダバオに日本人が移住し30数年がたち、ダバオ州在留日本人16000人、麻の栽培と林業が主な日本人の仕事。領事館があり、日本人小学校が13、日本新聞社4社、日本病院2ヶ所あった。菅野はダバオの印象を、麻の産地ダバオの開発の恩人たる大和民族が日本政府からの一切の援助もなく、全く裸一貫より築き上げた30余年間に亘る血の歴史により開拓されたる偉大な我同胞の独立奮闘せる勇姿を視て讃嘆す。
posted by wakabayashi at 16:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年11月23日

第7回世界探検旅行4 北ミンダナオ

alb19-33.jpgalb19-35.jpg菅野力夫の第7回世界探検旅行
ダバオ在住の日本人7名と菅野は、車2台で北ミンダナオの富源視察旅行に出る。コタバト州、ラナオ州、東ミサミス州、ブキドノン州、7日間、1300キロの行程だった。コタバト州コタバトには日本人55名在留、ラナオ州ダンサランには唯一の日本人・松井愛助夫妻が28年間生活していた。ブキドノン州マライバライには在留日本人は雑貨商1軒のみ。群猿飛ぶ森林地帯を通り、モロ族の酋長を訪ね、豪雨の悪路を水牛に索すなど徹夜泥雨と戦う難行苦行の旅だった。
posted by wakabayashi at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年11月17日

第7回世界探検旅行3 カリナン

alb19-06.jpgalb19-07.jpg菅野力夫の第7回世界探検旅行
明治末からダバオへ日本人が移民し、ダバオの北西約40キロにあるカリナンの町にも日本人の移民は多く、菅野の行った昭和12年には、ダバオ州の在留日本人は約16000人、カリナンには約4000人の日本人がいて、日本と同じ町並みが広がっていた。9月と10月の2回菅野は講演をカリナンで行っている。
posted by wakabayashi at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年11月10日

第7回世界探検旅行2 ダバオ

alb19-04.jpgalb19-24.jpgalb19-25.jpg菅野力夫の第7回世界探検旅行
第7回遠征先は、比律賓、フィリピンだ。
昭和12年8月30日東京駅を出発。翌31日神戸から台湾を経由して9月9日マニラに上陸。
9月15日ミンダナオ島ダバオに上陸。数日、在留の日本人の組織、会社などを挨拶に廻る。
9月20日三井物産経営森林伐採製材輸出業タゴン商事会社を訪ね、聴衆50人を前に講演をする。翌21日、タゴン商事会社直轄権利保有林八萬六千町歩原始林地帯の一部を跋渉し森林伐採の実況を視察する。
posted by wakabayashi at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

2008年11月03日

第7回世界探検旅行1 東京駅

alb19-03.jpg菅野力夫の第7回世界探検旅行
4月の越後会津旅行から戻り7月まで国内の講演会を各地で行い、8月にいよいよ第7回世界探検旅行に出発する。出発までの行動は以下の通り。
7月15日 東京十文字高等女学校にて第二回講演(校長十文字琴子氏生徒1000人)
7月29日 新築成る世界三大劇場の一、松竹経営浅草の国際劇場を観る
7月31日 故黒龍会長内田良平氏の青山斎場に於ける神式告別式に礼拝
8月4日 故法学博士花岡敏夫氏の築地本願寺に於ける告別式に焼香なす
8月15日 下総国成田山新勝寺参詣。
8月21日 大阪商船会社東京支店より横浜ダバオ間シカゴ丸一等乗船切符を購ふ
8月22日 横浜港碇泊シカゴ丸に比律賓行荷物を積込。
8月26日 頭山満先生を御殿場の別荘に訪問比律賓行暇乞いをなし、大掛軸二幅贈られ感激す
8月29日 金弐萬圓也、日本生命保険会社と生命保険の契約を成す。
8月30日 東京駅発午前9時特急つばめにて第7回万里遠征の途に上り 帝都出発
posted by wakabayashi at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

人気blogランキングへ

banner2.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。